Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会 ブログ

特定非営利活動法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会の活動をご紹介します。
<< 迷い犬・猫全県検索県HPに表を掲載(山梨県) | main | 「猫おじいさん」90歳で死去、捨て猫1000匹世話 >>
保健所職員、猫捨てる…愛護法違反容疑書類送検へ
やってはいけないこと、あってはならないことが起きました!
それも県の保健所の職員が!!!!!
住民のお手本となるべく立場のはずなのに。

私たちが手術のために捕獲していると、必ず出る住民からの一言。

「それ、そのままどっかに連れてってよ」
「捨ててきてくれない」

「動物を捨てることは犯罪なので、できないんですよ」

と伝えるけど、県の職員がこんな事件を起こした日には…
この事件はきちんと処分して欲しい。

読売新聞 宮崎

保健所職員、猫捨てる…愛護法違反容疑書類送検へ
 猫を山に遺棄したとして、宮崎北署は宮崎市保健所の衛生環境課長や係長ら4人を動物愛護法違反の疑いで、14日にも宮崎地検に書類送検する。

 調べによると、課長らは昨年9月26日、市内の児童館に捨てられていた猫5匹を住民の要請で引き取り、そのまま同市大瀬町の山中に捨てた疑い。動物愛護法では、遺棄した場合、50万円以下の罰金となっている。

 山に捨てられた猫のうち4匹は同月28日、住民が発見して宮崎北署員が保護した。

 県中央保健所によると、同法では、原則として野良猫を行政機関が引き取ることもできない。しかし、課長らは嘱託職員を派遣して猫を引き取った末、遺棄したという。課長は引き取ったり、遺棄したりした理由などについて「捜査中なので、お話しすることはできない」としている。

 動物愛護団体「みやざき動物のいのちを守る会」(宮崎市)は「動物を遺棄しないよう指導する立場の保健所職員が遺棄したとは、とんでもない話。そもそも引き取ってはいけなかった」としている。

(2008年2月14日 読売新聞)
| 愛護関係のニュース | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.chiikineko.org/trackback/766624