Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会 ブログ

特定非営利活動法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会の活動をご紹介します。
<< 飼い犬の体内にマイクロチップ注入へ /ソウル | main | 迷い犬・猫全県検索県HPに表を掲載(山梨県) >>
何頭からが多頭か?
ねこを飼ってない人から「ねこは何頭いるの?」と聞かれて
「3」以上の数字を云うと、たいていの人が
「えぇ〜〜〜!すごい」って驚かれる。

ねこと同居経験がある人は、そんなに驚かないだろうけど
世間一般常識からすると
3頭以上動物を飼っているのは、多分「ものすごい」ことなんだろう(?)

うちには犬もいるけれど、犬を3頭以上飼ってると聞くと
「えぇ〜」って驚きはしないけど
「あぁ、大変だろうなぁ」と思う。

ねこに比べると犬の方が世話や相手に時間がかかるのは当然だからね。

個人的には「多頭飼育している場合の届けを出さなければいけない」
という条例は、国にあってもおかしくないのでは?と思う。
その場合の飼育数は、私的には3頭以上で十分多頭飼育だと思う。

犬の場合は、登録義務があるのだから
※きちんと登録をしている家庭であれば※
どの所帯に何頭の犬が飼育されているかは、その情報を管理している方で把握できているはず?
だとしたら、今更条例を作る必要があるの?
と思うけど、結局のところは、ものすごい多頭飼育している人ほど
登録をしていない割合が多いのではないか???な?

多頭飼育している人の届けを条例化するよりも
現行の「犬を飼ったら登録しなければいけません」
の法律を徹底させる方が先ではないかしら?

なんにしても…
うちのねこの数を云うと、みんな呆れた顔をする^^;

普通の人の反応は、そんなもんなのよね^^;

何匹以上?多数の犬猫飼育に届け出義務
2008年02月07日
asahi.com 佐賀


 「多数」の犬や猫を飼う場合に県への届け出を義務づける「動物愛護管理条例」案の策定を県が進めている。ペットの鳴き声や悪臭への苦情が後を絶たないことから、飼い主に責任を負わせ、自覚を促すのが狙い。九州7県では初の試みというが、何匹を超えたら「多数」になるのかで、策定作業は迷走している。(市川雄輝)

 「10匹以上でどうでしょうか」「それじゃ話にならない」

 県は先月、有識者10人による検討委員会で、先例となる山梨県条例(02年)に倣った素案を示した。だが、動物愛護団体や獣医師会などから参加する委員らは「実情にそぐわない」と口々に疑問の声を上げた。

 県内では鹿島市で昨年、劣悪な環境で犬約100匹を飼っていたペット業者が動物愛護法違反の疑いで書類送検されている。これをきっかけに、多数の犬や猫の飼い主への規制を求める機運が高まった。

 県内の5保健福祉事務所に寄せられたペット絡みの苦情(06年は1966件)は、1世帯で何匹も飼う人に起因する=グラフ。このことも機運を後押ししている。

 だが、県の素案では、苦情相手先の6割強を占める「飼育数6〜9匹」の飼い主に網がかからない。このため委員らは「有効性に疑問あり」と再検討を求めた。県は、届け出の基準を「6匹程度」以上とする方向での素案修正を余儀なくされた。

 検討委メンバーで動物愛護団体「佐賀発いぬらいふ・ねこらいふ」の服巻智子代表は「5匹を超えて飼っている人は、世話もずさんになりがちだ。条例は効き目のあるものにしてほしい。まっとうな飼い主は不愉快だろうが、必要な措置です」と話している。

 県は条例によって、動物愛護法では業者のみだった立ち入り検査の対象を一般世帯にも広げ、勧告や命令に応じない違反者には罰金を科すことも検討している。
| ねこ・色々ニュース | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.chiikineko.org/trackback/761106