Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会 ブログ

特定非営利活動法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会の活動をご紹介します。
普及進まず、無料提供のマイクロチップ 迷い犬防止へ県獣医師会
下野新聞(4月27日 05:00)

 迷い犬を防ごうと県獣医師会(岩上一紘会長)が昨年六月から取り組む「マイクロチップ登録促進事業」で、昨年度チップを装着した犬は二百三十三匹にとどまり、目標とした千匹を大きく下回ったことが26日までに分かった。同会は本年度も継続して事業を展開するほか、子犬の譲渡会を開く県に対し、四月からチップの無料提供を始めた。

 同事業はチップ本体と登録料、技術料を合わせ五千円ほどかかる装着費のうち、三千円を同会が負担する。飼い主は二千円で犬にチップを埋め込むことができる。

 初年度は千匹分、五百万円の予算を計上。県内百五十三カ所の動物病院で受け付けたが、申し込みは目標の二割だった。岩上会長は「本県は地震などの大災害が少ないため、チップの必要性を認識する飼い主が少ないのでは」と推測する。

 普及拡大を目指し、本年度は県動物愛護指導センターに百五十匹分のチップ本体を提供。定期的に一般譲渡する子犬に装着してもらうことにした。また県内郵便局に啓発ポスターを掲示するなど、広報活動にも力を入れる予定で、「チップの安全性や有効性を訴えたい」(岩上会長)としている。

 県内では三月末現在で、犬二千二百三十五匹、猫二百二十五匹がチップを装着し、日本獣医師会などで組織する「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベースに登録している。しかし、狂犬病予防法に基づく県内の犬の登録数は約十一万八千匹に上り、チップ装着率は2%に満たないのが現状。

 全国では犬猫など約二十一万七千匹がチップを埋め込んでいる。
| マイクロチップ | 20:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
猫の避妊・去勢義務化 竹富町、ヤマネコ保護で
琉球新報 2008年5月13日 【竹富】


西表島だけに生息する国の特別天然記念物イリオモテヤマネコをネコエイズなどから守るため、住民に猫を適正に飼うことを求める「竹富町ネコ飼養条例」が、さらに厳しい内容に改正される。西表島で、国内で初めて飼い猫の検査や予防接種、避妊・去勢手術を義務化、検査を受けていない猫の島内持ち込み禁止などを盛り込んだ改正条例案を竹富町が6月議会に提案する。
 違反の場合は5万円以下の罰則もあり、関係者は「人間優先でなく、自然を守ることが人間の生活を豊かにすると示す先進的な条例」と期待を寄せる。
 2001年に施行した現条例は10条からなり、町内で猫の飼養登録や町から配布される首輪の装着などを義務付けていた。だが、西表島とほかの島を同じように規制する必要性がないことや、既に九州獣医師会連合会の支援を受けて無料で行えるマイクロチップ避妊や去勢手術、ネコエイズやネコ白血病ウイルスの予防接種などが浸透していることから、「現状に合った条例に改正する必要がある」(大城正明町自然環境課長)と今年1月、改正に向けた検討委員会を発足させた。
 改正条例案では、ほかに西表島での飼い猫へのマイクロチップの埋め込みの義務化や、町全体では登録や汚物の適正処理などの義務、遺棄や飼い猫以外への餌やりの禁止が定められている。
 西表西部動物診療所の栗原新獣医師は「ネコ科動物の病気のない島になることはイリオモテヤマネコだけでなく、すべてのネコにとって幸せな島になるということ」と期待を寄せる。
 自治体の条例に詳しい神奈川大学法学研究所地方自治センターの諸坂佐利准教授は「被害が発生する前に行政として手を打つのは画期的。内容も濃く今後の国内動物行政のモデル条例になる」と高く評価した。
| マイクロチップ | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペットへのマイクロチップ装着が難航/バンコク
バンコク週報 【社会】 04/28

 バンコク都庁は07年7月から飼い犬のマイクロチップ装着を義務化したが、飼い主の協力を得られず、普及率が当初の予測を下回っていることが明らかになった。

 都庁は、野良犬の増加を食い止める目的で5万個の無料チップを用意したが、スタートから約10か月が経過したにもかかわらず、いまだに5000個以上が残っている。

 バンコクの野良犬の数は約70万頭、そのうちの30%が飼い主に捨てられた「元ペット」だ。そして、毎年10万頭が新たに捨てられ野良犬になるという。

 都庁では、「マイクロチップの義務化を進めることで飼い主としての自覚が養われるはず」と期待しており、今後も無料配布を続けていく方針だ。
| マイクロチップ | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |